お問い合わせ

HP制作や運用、SEO対策などのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ

内部リンクを最適化することでのSEO効果

What-Words
Technology concept: Dollar sign with circuits

関連するページへの内部リンクを貼ることによって、ユーザビリティが向上します。
また、クローラーが巡回しやすくなるとSEOの効果が期待できます。
この内部リンクを最適化することで得られるSEO効果は、大きく分けて以下の3つが挙げられます。

クローラーがサイトを巡回しやすくなる

内部リンクを最適化し適切に設置することにより、クローラーがサイト内を巡回しやすくなる。
つまり、ページを公開した際にすぐにクロールされるようになり、ページを公開したにも関わらず長い時間インデックスされないということもなくなります。

クローラーがリンク先の内容を理解しやすくなる

リンクページには何が書かれているのかをユーザーが一目でわかる内部リンクを設定するのが最適化された内部リンクと言えます。
また、リンクページもSEOを意識してタイトルを設定しているはずなので、関連するキーワードを記事内に含めるということですので、キーワードの網羅性においてもSEO効果を発揮してくれます。

サイト内で重要なページとして評価してもらえる

内部リンクは、どのページに設置しても同じ効果を発揮するわけではありません。
優先的にインデックスしてほしい重要なページを決め、そこに内部リンクを設置していくということで最適化されます。
リンクの多いトップページとリンクの少ない末端ページの内部リンクでは、圧倒的にトップページからのリンクが高い効果を発揮します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました