お問い合わせ

HP制作や運用、SEO対策などのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ

内部リンクを最適化して得られる効果

What-Words

まず結論から言うと、内部リンクを上手く設置した場合には絶大なSEO効果が期待され、多くの恩恵を受けることができます。その主な効果を3つご紹介します。

効果① クローラーが回遊しやすくなる

先ほども少し説明しましたが、Googleのクローラーはサイト内にあるリンクを辿ってページを巡回し、検索結果のランキング要素としてインデックス( 登録 )していきます。これは逆に考えると、内部リンクが貼られていないサイトはクローラーに見つけてもらって評価されることがなく、検索結果にも表示されない可能性があります。

内部リンクを設置する考え方としては、まずはGoogleから評価を受けやすくすることを第一とします。

効果② ページ同士の関連性で高評価を狙える

ページ単体として完結させるのではなく、自社サイト内の関連するページからその対策ページへリンクを送ることで、Googleからテーマ性の高い良質なページであると認識してもらうことができます。

また、リンクを貼る際にはアンカーテキスト( リンクに使用する文章 )に対策するキーワードを加えると、さらに関連性をアピールすることができます。

効果③ サイト全体に評価を行き渡らす

それぞれのページはGoogleによって評価され、ページランクがつけられています。そしてこのページランクはリンクによって伝わっていくため、「 内部リンクをバランスよく設置する = ウェブサイト全体にページ評価が行き渡る 」ことになるため、全体的な順位の向上に繋がります。

関連のあるページは内部リンクを利用して、評価されやすい状態にもっていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました